会社辞めたい | 面接で絶対にやってはいけないことです!

これらは面接ではゼッタイやってはいけません!!

スポンサーリンク

 

デューダのキャリアコンサルタントから、
面接のときに絶対やってはいけないことを
教えてもらいました。

 

 

「それは基本でしょ〜!」ということから、
「えっ?これもダメなの?」ということまで
いろいろありました。

 

 

まとめてみましたので、
ぜひご参考になさってください。

 

 

面接前に事前準備をしていない

 

前ページでもありましたが、応募先の企業のことは
事前に研究し、会社案内に書かれている以外のことを質問する。

 

 

面接時間に遅れる

 

会社の所在地やアクセスは前もって調べておき、
会社には5〜10分前には到着する。

 

 

靴が汚れている

 

身だしなみには要注意!特に靴はよく見られているので
家を出る前に鏡で全身チェックしましょう。

 

 

面接官が入室しても、席を立たない

 

立ち上がってキチンとあいさつし、お茶を出されたら目礼をする。

 

 

面接中、腕や足を組んでいる

 

「腕組み」「足組み」「貧乏ゆすり」は日本三大悪癖!

 

 

面接官が質問中、面接官以外の人間を見た

 

集中できないとみなされます。
相手の目を見て、明るい表情でしっかりとした口調で
受け答えをする。

 

 

会社の資料、パンフレットを受け取ってすぐ横に置く

 

必ず開いて目を通す!

 

 

面接時間中に時計を見る

 

絶対に時計は見てはいけません!

 

 

覇気がない

 

不況で苦しいときこそ、元気、若さのある社員が欲しい!

 

 

前職の悪口を言う

 

不穏分子と思われます。

 

 

「質問はありますか?」と聞かれても質問しない

 

勤務条件などについて復唱したり、メモをする。
ただし、給料や休暇については最終面接で確認しましょう。

 

 

終わりの挨拶を忘れる

 

面接終了後は椅子の横に立って、丁寧にあいさつする。
角度は45度。座っていた椅子も元に戻してから退室する。

 

 

 

以上の12項目は、メモ帳に書いて
面接前には何度も見直しました。
とくに私は普段から時計を見る癖があるので
面接中はとくに気を付けました。

 

 

あと、キャリアコンサルタントに言われたのは
中小企業の面接を受けるなら
ブランド物の服装や持ち物は避けたほうがいい
とのことでした。

 

 

というのも、中小企業の場合は
1次面接から社長が立ち会うことも
珍しくありません。

 

 

こいつ、俺より良いもの持ってるな…。


 

 

と対抗意識を感じられたら損だからです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q 自己紹介をしてください | 会社辞めたい 次ページへ進む

 

会社辞めたい トップページへ