会社辞めたい | 面接であがらないために「情報収集」!

アガリ症を克服する面接テクニックA〜とにかく情報を収集する!〜

スポンサーリンク

 

どうしても面接になると、かける思いが強いほど、
「この面接で人生が決まる!」と思ってしまい
プレッシャーを感じてしまいます。

 

 

自慢じゃありませんが、
私はプレッシャーには弱いほうで
(本当に自慢じゃありません)
面接など、自分を試される状況になると
腰が引けてしまいます。

 

 

そんな話をデューダのキャリアコンサルタントにしたときに
対応策として教えてもらったのは

 

「面接を受ける前に、相手の会社や業界のことを徹底的に調べ上げる」

 

というものです。

 

 

今はインターネットで
どんな情報も手に入れることができます。
1〜2時間集中してネットサーフィンするだけで
かなりの情報を手に入れることができます。

 

 

その上で気になった点や不明な点を
あえて面接でぶつけてみましょう。
すると、その会社や業界のことを
よく勉強してきたということが伝わり
熱意ある人とみなされます。

 

 

もちろん、どんなに調べたとしても
すでにその会社や業界で働いている面接官のほうが
数十倍くわしいので、
あまりにわか仕込みの知識をひけらかしたり
知ったかぶりするのはよくありませんが、
謙虚な姿勢を保ちつつ、
しっかり下調べして面接に臨んでいることが
相手に伝われば、好印象を持ってくれる

とのことです。

 

 

正直、10社以上面接を受けるのに
一つ一つの会社を調べるのはかなり大変でしたが
面接会場でオタオタするよりは
前もってできるだけのことはやっておこうと思い
1社1社、真剣に調べて面接に臨みました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>面接でやってはいけない事 | 会社辞めたい 次ページへ進む

 

会社辞めたい トップページへ