会社辞めたい | 「離職期間が長いですが、理由はありますか?」にどう答えるか

離職期間が長いですが、理由はありますか?

スポンサーリンク

 

離職していた期間があれば、
その理由やその期間に何をしていたかについては
かなりの確率で聞かれます。

 

 

一般的な転職活動の期間というのは
約3か月と言われています。
もし、それ以上長い離職期間があると
面接官は

 

「この人には何か問題があるのでは?」

 

という疑念を持ちます。
他の企業があなたを採用しなかった理由が
どこかにあるのではないかと疑い始めるのです。
離職期間が半年以上ある場合は、
必ず質問されると思って間違いありません。

 

 

この離職期間を聞く質問については
実際にあなたが何をしていたかによって
回答のポイントが変わってきます。
それぞれのパターンを下記にご紹介します。

 

 

■特に何もしていなかった場合

 

離職期間中にした自己啓発の経験などを述べましょう。

 

「具体的な仕事にはついていなかったけど
その分自分の能力や考え方を高める努力をしていた」

 

ということをアピールするのです。

 

 

■転職活動を続けていた場合

 

転職活動が長くなった理由を述べましょう。

 

「希望する職種の求人が少なかった」

 

「妥協することも考えたが、この仕事を
やりたいという気持ちが強かった」

 

など、あくまで前向きな理由を説明します。
またその間も絶えず努力していたことや
自己啓発を行っていたことも付け加えましょう。

 

 

■海外旅行に行っていた場合

 

旅行先での経験やそこで培った語学力などが
応募職種において役に立つのなら言っていいです。
しかし、単にレジャー目的の旅行でしたら
違う理由を述べたほうが無難です。

 

 

■独立開業の道を探っていた場合

 

これは、応募企業の社風によって異なります。
自由な社風でアグレッシブな人材を
探している企業でしたら、
独立開業の話をそのまま伝えてもいいと思いますが
保守的な社風の企業では違う理由を述べた方が無難です。

 

 

■その他

 

そのほか、病気や家業の手伝いなど
止むを得ない事情があった場合は、
そのまま述べましょう。

 

ただし、業務に支障をきたすような
持病をお持ちの場合は、
相手から聞かれない限り伏せておいたほうが無難です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

会社辞めたい トップページへ