会社辞めたい | 「会社都合」と「自己都合」はどっちがお得なの?

退職理由「会社都合」と「自己都合」でお得なのは?

スポンサーリンク

 

会社を辞める場合は、

 

「自己都合」による退職
「会社都合」による解雇

 

の2パターンがあります。

 

 

「一身上の都合により退社します」
と、あくまで自身の都合を理由にした退職願を提出し
退職する場合は、
「自己都合」による退職になります。

 

 

一方、「会社都合」による解雇には、

 

@自己責任による懲戒解雇
A人員整理による解雇

 

の2種類があります。

 

 

@は、14日以上の無断欠勤をするなど
就業規則に定められた罰則を犯したなどの場合です。
Aは、いわゆるリストラです。
私の場合はこれになりますね。

 

 

ちなみに会社都合による解雇の場合、
会社には解雇する30日前に
本人に予告する義務
があります。
(もしくは、30日分以上の賃金を
解雇予告手当として支払う義務があります)

 

 

私の場合はきちんと人事の人に
「会社都合の解雇」と言われましたが、
ひどいところでは、言葉巧みに退職届けを書かせて
「自己都合」の形にしてクビを切る
ケースもあるようです。

 

 

「自己都合」と「会社都合」で
退職後、どのような差があるかというと、
「会社都合」なら、退職後すぐに
失業給付をもらえますが、
「自己都合」の場合は退職後すぐに
失業給付を受け取ることができず、
給付を受けるまでに3か月間ほどかかります。

 

 

また、もらえる期間も
「自己都合」と「会社都合」では
大きな開きがでてきます。
失業保険という点で見れば
「会社都合」の退職のほうがお得なのです。

 

 

ですからもし、
事前に「会社都合による解雇」と聞いていても
会社側から発行される「離職票」は
しっかりチェックしましょう。

もし事前の話と異なる部分があるなら、
はっきり訂正を求めないといけません。

 

 

世の中、いろんな会社がありますからね。
自分を守る意味でも、もらった離職票は
穴が開くほどきっちりチェックして
ハローワークに提出しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>退職前に会社員の立場を利用しましょう | 会社辞めたい 次ページへ進む

 

会社辞めたい トップページへ