会社辞めたい | 非公開求人の魅力とは?

「非公開求人」がねらい目な理由

スポンサーリンク

 

転職人材紹介会社は
「非公開求人」というものをたくさん持っています。
そして、転職サービスに登録して、
面談に来た人にこっそりそれを教えて、
内定につなげるのです。

 

 

実際、私もこの「非公開求人」で
正社員再就職を勝ち取りました。
あまり大きい声では言えませんが、
やはり「非公開求人」は、オイシイです。(^^;

 

 

ここでは、そんな「非公開求人」について
くわしくご紹介したいと思います。

 

 

そもそもなぜ非公開の求人情報が存在するの?

 

まずはじめに、
あなたもおそらく疑問に思っていらっしゃる…

 

「なぜ求人情報を非公開にするの?」

 

についてご説明したいと思います。

 

 

この点は、私も疑問に思いました。
だって人材が必要なら、ちゃんと広告して
たくさん応募があった中から選考したほうが
良い人が見つかりそうじゃないですか。

 

 

そこで、実際にリクルートエージェントの
キャリアコンサルタントに聞いてみました。
そこで教えてもらった、
企業が「非公開求人」を行う理由というのは
だいたい下記のようなものです。

 

  • 人気の職種・業種のため、応募者が殺到することを避けたい
  • 新規事業にかかわる求人のため、他社にばれずに人材を確保したい
  • 新規事業ではないが、新たにテコ入れする事業を他社に知られたくない
  • 経験則から非公開求人の方が優秀な人材を確保できる考えている
  • 採用試験にあまり時間や費用をかけたくなく、人材確保を急いでいない

 

なんか納得ですよね。
やはり企業にもいろいろ事情がありますので、
良い人がいたらこっそり採用するという
非公開求人という方法が採用されるのです。

 

 

逆に、「公開求人」を行うことは
けっこう企業にとってリスクがある話なのです。

 

 

というのも、公開求人を行う際は一般に、
求人情報誌やサイト、フリーペーパーに
お金を出して募集広告を出しますよね。
そういった求人媒体というのは
広告を載せた時点で料金が発生します。

 

 

それなのに、その時点では
採用希望者が来るかどうかなんて分かりません。
うまく企業が求めている人材が来るかなんていうのは
もっと分かりません。
ヘタをすれば、何か月も何年も人材が現れず
広告費だけムダにかかってしまう危険があります。

 

 

その点、非公開求人では、企業が紹介会社に

 

 

●●のような人が欲しいと思っています。

 

いい人を紹介してくれればその会社にお金を払います。


 

という感じで依頼し、
(紹介会社企業に御用聞きに来るケースもあります)
登録者で良い人材がいれば、紹介会社が企業に紹介して
採用が決まれば、そこで初めて料金が発生します。

 

 

つまり非公開求人なら、採用が決まった時点で、
その紹介会社だけにお金を払えばいいのです。
ですから、いたずらに経費を垂れ流すリスクを負わずに
複数の紹介会社に、同時に
人材紹介の注文を出すことができます。

 

 

こういった経費削減という理由でも、
現在は非公開求人を行う企業が
どんどん増えているのです。

 

 

たった1人で転職活動を行うのは遠まわりです

 

転職活動には、正しいやり方があります。
上記のような情報だって
知っている人は知っていますが、
知らない人はまったく知りません。

 

 

そういう人の転職活動の選択肢といえば、
せいぜいハローワークの求人情報か、
求人誌・求人サイトの情報くらいでしょう。
その時点で、他の転職活動者と
おおきく差がついている
わけですよね。

 

 

かくいう私も、@Typeに登録して、
キャリアコンサルタントと面談することによって、
はじめて正しい転職活動の仕方を身に付けました。
ぜひあなたも、転職活動を行うなら、
まずは転職人材紹介会社に登録して、
正しい転職活動の方法を学びながら
コンサルタントと二人三脚で進んでいくことを
おすすめします。

 

 

まずは人材紹介会社に登録して
キャリアコンサルタントの名刺をもらうことから
スタートしてみてください。

 

 

登録しても、面談を受けても、職業訓練を受けても、
非公開求人を教えてもらっても、内定を勝ち取っても、
登録者には一切費用負担がありませんので、
このサービスは利用しないと損だと思います。

 

▼管理人おすすめの転職人材紹介会社
>>リクルートエージェントの公式HPへ

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>30代に求められていること | 会社辞めたい 次ページへ進む

 

会社辞めたい トップページへ