写真

【LED照明】Aputure AL-MCを買ったので感想【オススメ】

AL-MCレビュー

小型で高機能なLEDライト

最近まで物撮りはストロボだけでやってたんですが、照明も欲しくなったので

探していたところいいもの見つけました!

Aputure AL-MC

というモバイルLED照明です。

いろんな人がYouTubeでレビューしてるので知ってる人も多いかもしれませんね。

AL-MC 同梱物

特徴は

  • 小さくて持ち運びやすい
  • スマホアプリで簡単操作
  • 背面のマグネットが便利
  • 値段はそこそこ(執筆時1.5万円前後。コスパはいいと思う)

こんなところでしょうか。

動画用の機能もあり、小さめの照明を探してる人にはすごくオススメです。

詳しくみていきます。

外観・スペック

セット内容

同梱物は

  • ・AL-MC本体
  • ・USB-C充電ケーブル
  • ・シリコンのディフューザー
  • ・貼り付けられるマジックテープ
  • ・収納ポーチ

が入ってました。

外観

本体の大きさは手のひらに収まるサイズです。

側面には電源スイッチ・ダイヤル・USB-C給電ポート・ディスプレイ・三脚穴がついてます。

背面には磁石があって、これが結構べんりです。

スペック

色温度: 3200Kー6500K (100K単位で調節可能) 
サイズ:9.3cm x 6.1cm x 1.7cm (クレジットカードより少し大きいくらい)
重さ:128g
稼働時間フル発光で約2時間、最小発光で約15時間

充電はUSB-Cで約2時間でフル充電
市販のワイヤレス充電にも対応しています。

操作方法

操作方法は側面のダイヤルを使う方法と、

Bluetooth接続でスマホアプリ「Sidus Link」を使う方法があります。

本体ダイヤルを押し込んで項目をえらび、ダイヤルを回すとパラメータを変えられます。

長押しすることで機能を選択することができます。

まあダイヤルでもある程度使えますが、アプリが圧倒的に便利!かつ細かい設定が直感的に操作できます。

機能

まずは、LEDライトなので照明として機能はもちろんですが、

僕が最も惹かれたのはカラーピッカー機能です。

アプリ操作でしか使えない機能ですが、スマホのカメラで写した物の色を選んで再現することができます。

ポイントを合わせてタップするだけで、簡単に再現できます。

カラーピッカー機能

あとは、「FXモード」という機能について。

こちらは動画をとる人のための機能で、

パパラッチ(カメラのフラッシュ)、花火、切れかけの電球、稲光、テレビ、パルス、火、パーティー、パトカー、など9つの点滅パターンを選ぶことができます。

アプリを使えばそれぞれの点滅パターンを調節することもできるので、

壁などに反射させて簡単に雰囲気を作ることができそうです(僕は動画を撮らないのでほぼ使ってませんけど)

アプリでは、同時に100台まで操作できるので複数もっていても使えます。
(100台も買えないぜ!)

仕様としては400mくらいまでは離れても使えるそうです。

作例(画像処理してます)

3枚を多重露光撮影
3枚を多重露光撮影
下から照らしただけ
懐かしのおもちゃの中に入れてます

アイデアしだいですが、いろんな撮り方ができます。

画像はLightroomでraw現像してますが、とってだしでも同じような写真が撮れます。

まとめ

小さめのLED照明を探しているひとや、初心者の最初の一台としても

かなりオススメできると思います。

値段は安くはないですが、コスパは十分なので買って損はないと思ってます。

最後まで見てくれてありがとうございました!

商品のリンクを貼っておきますので、気になった方はぜひみてみてください。

amazonリンク↓

Aputure AL-MC カード型フルカラーLEDライト <日本語マニュアルDLリンクつき>【国内正規代理店】

楽天リンク↓

Aputure AL-MC Amaranアプチャー アマラン LEDライト 撮影照明

ABOUT ME
enasak(いなさく)
趣味で写真を撮っている30代サラリーマンです。 星景・風景をメインにタイムラプス動画も作ってます。 どうしても仕事を辞めたいので、収益化めざしてがんばり中!
ブログランキング・にほんブログ村へ